EN | JP

COMAYOSE Workshop @at.Fab !
COMAYOSE Workshop @at.Fab !

issued: 2017 / 05 / 08

ワークショップに参加する ※別ウィンドウでチケット販売先、Peatix のページが開きます。

好きな木材を選んで、自分だけの寄木細工をつくってみよう!

さまざまな種類の木材を選んで、オリジナルブローチをつくりませんか。今回、レーザーカッターでカットされている各パーツを選んで作る、COMAYOSE ブローチワークショップをat.Fabで開催いたします! 岐阜県飛騨市で伐採された木材や、アフリカ大陸でとれる鮮やかな赤い木材など、世界各国に生息している様々な色味の木材をご用意しております。ものづくりが初めての方でも、素材の違いや手仕事の繊細さをお楽しみいただけるプログラムです。


〜 COMAYOSE作成手順 〜

(1)様々な木材から各パーツを選択する

(2)木材パーツを接着する

(3)紙やすりで表面を削る

(4)ミツロウワックスを塗布し、完成!

COMAYOSE(コマヨセ)って?

COMAYOSEとは、細かい(COMA)木材を寄せて(YOSE)つくる現在版寄木細工を意味しています。今回のワークショップでは、漆を麻布で固めて板状にした「乾漆シート*」と様々な木材を組み合わせ、寄木のブローチをおつくりいただきます。

乾漆シート*とは
寒冷紗という布を漆で塗り固める、という伝統技法によってつくられている板状素材。1mm程度のシート状になっているため、レーザーカッターで加工することができます。

乾漆シート提供:宮城大学土岐謙次氏, (株)郷自然工房佐藤和也氏,FabLab SENDAI-FLAT

特に持ち物は必要ありませんが、木を削りますので、汚れても良い服装でお越しください。

日時:5月20日(土) 13:00-14:00 / 15:00-16:00
定員人数:各回4名
参加費:3,500円
備考:材料費、パッケージ込みの値段です

講師:駒野 美智(こまの みさと)

桑沢デザイン研究所を2012年に卒業後、ファブラボ鎌倉でデジタル工作機械のインストラクター兼作家としての活動を始める。主にレーザーカッターを駆使した現代版寄木細工、”COMAYOSE”を制作。木材の種類の多さと削っていく時のなめらかになっていく感触に魅せられ、木材とデジタルファブリケーションを融合させた作品の制作、販売中。木のものづくりの楽しさを広めるべく、全国各地へCOMAYOSEブローチのワークショップを開催しに行きます!


ワークショップに参加する ※別ウィンドウでチケット販売先、Peatix のページが開きます。