2012

EN | JP

犬小屋—切妻
Dog House - gable



組み立て式の犬小屋。切妻屋根です。
屋根、床はそれぞれ取り外し可能で、なかの掃除がしやすくなっています。
上の写真、2, 3枚目は素材をレーザーカットして作成した1/5の模型。

組み立て工程

図面を送った工場から材が梱包されて送られてきます。

屋根になるパネルの二枚のうちの一枚

出入り口となる妻面。この型紙では両側が出入り口となります。

側面の板。写真ではわかりづらいのですが、屋根面がかぶさる部分は斜めにカットされています。

側面の板、裏側に床板受けをビス止めします。

妻面にも床板受けをビス止めします。

屋根パネルの裏側に貫をビス止めします。貫両端の中心にはあらかじめ鬼目ナットを挿入しておきます。最後に妻面から留めるボルトの受けになります。

側面と妻面の板をはめ込み、固定します。四周が固定されたら、床板をはめ、人工芝など床材を敷き込みます。

あらかじめ組み立てておいた屋根を載せます。

各妻面三カ所ずつボルト留めして屋根を固定します。
さらに、耐候性を考え、外部を塗装します。ここでは、ホワイトのオイル拭き取りを選択しました。

縮尺:1/5の模型

レーザーカッターで2.5mm厚の板材を加工して1/5サイズの模型を製作しました。