2011

EN | JP

ノート・ファスナー
Note Fastener


IMAGES
  • image
  • image
  • image
  • image
  • image
  • image

STATIONERY - PROJECT
image


さまざまな種類のノートを束ねるためのアイデアです。現在のところ、判型の一辺が210mmのサイズの型紙を用意しています。

はじめに

様々なノートを束ねて、お気に入りのブックカバーで覆う事もできます。

ノートそれぞれの幅が異なってもこの通り。

最近、文具売り場でたくさんの小型ノートを目にします。値段の手頃さなどにも惹かれ、ついついたくさんの種類のノートを買ってしまいますが、それらを持ち歩いたり、まとめたりする際、どのようにされていますか?
このアイテムは縦がA5サイズのものであれば、接着剤などを使用することなく、簡単にまとめられるものです。


用意するもの

  1. A2長辺サイズ(594mm)がとれる紙など
  2. カッター、カッターマット
  3. 金尺など

製作工程

型紙をもとに紙を切り出します。

山折、谷折に気をつけて折り曲げ、切り込み同士をはめ込み、切り出した紙を組み立てます。

左側のループに一冊目のノートの裏表紙を通します。

右側のループに二冊目のノートの表表紙を通します。

これで接着などの方法を使うことなく、二冊のノートが連結されます。

ノートを折り畳むとこのような感じになります。想像以上に Note Fastener の存在感があるようにみえます。

気に入った革を長方形に切り出し、Note Fastener をとめるひもをセットします。

ひもに先ほど連結したノートを通し、Note Fastener を固定します。

小さなダブルクリップで二冊のノートの裏表紙と表紙を留めます。このクリップはペンホルダーとして利用できます。

Note Fastener のかたがみ

Shiori Clark Line

Note Fastener のカスタマイズ例

A2サイズで出力できる環境があれば、厚口のトレーシングペーパーにイラストなどをプリントし、オリジナルの模様や柄入りの Note Fastener が製作できます。
ここでは、ロンドン在住(2012年現在)のイラストレータ、クラーク志織さんのイラストレーションで作成したものを紹介します。

illustration: Shiori Clark

illustration: Shiori Clark

illustration: Shiori Clark

illustration: Shiori Clark